本文へジャンプ

レディースアパレル活性化委員会推奨…ブティック(婦人服専門店)の紹介サイト あるっくじゃぱん




あなたはどちら?
さて、いつもの和歌山のお店から警鐘メールが届きました。聞けば聞くほど怖い…

=========================================
先日、ある会合でMSFG(銀行)の幹部格の方がおっしゃっておりました。アパレル業界(メーカー)は、今後(1〜3年)で、三分の一の数になると、、、。まあ、金を貸してる方が言うんですから、ほぼ間違いないんでしょう。そうそう、百貨店も再再編の方向ですも、、。
(そりゃそうでしょう、メーカーにおんぶにだっこで、れだけの利益しか上げられないのに、先も読めない無計画の改装するんだもん。)

=========================================
つまり、専門店の方からすれば、百貨店の統廃合や売上ダウンは、なんら関係ないのです。自店のMDさえしっかり持っていれば、お客様から支持されるのです。
そのためには、しっかり仕入先と話し込まなければ…
その仕入先である貴方、受けて立てますか?
kokokara@alook-japan.com

2009/1/25(Sun)


立ち上がれ専門店!
長崎県のお店からご意見頂きました。
数字は営業の方が話されていたもので、うる覚えなので誤差はあります。と念を押されましたが、当たらずとも遠からじ…。では、その内容を…

================================================
伊勢丹12月の婦人服売り上げが16%ダウンとか…
1月は小田急・京王・三越も30%ダウンとか…
悪い情報のみが日本の端っこ迄聞こえてきます。
本当に今年は「専門店」苦難のときが来たと…
10年前と比べ「売り場面積」は2倍、「売り上げ総額」は横ばいの状況が今年はどうなるのか読めない時代に。
全国に専門店が「あるっく」を通して頑張っていきましょう。
================================================
どれだけ期待に応えられるかわかりませんが、私個人の力だけでなく、全国のバイヤーと営業の方にも協力頂きたいので、ご意見ください。

kokokara@alook-japan.com
2009/1/22(Thu)


真剣です!
大阪市中央区のお店のオーナーのご意見に、和歌山の
T店オーナーからご意見が早速届きました。
以下原文のまま・・・

=================================================
中央区のオーナーさんの意見に賛同します! 私は、異業種から来た物ですが、この業界(小売店同士)の横の繋がりのなさ、情報量のなさ、マクロに物事を見る(最低でも、5年先を見る)ことの出来なささ、、、よくやっていけてるなって関心してたものです。(悪い意味で、、) 販促の方法(今までが独りよがりだったような、、)、算数(どんぶり勘定)、ではなく、経営数学の勉強など、いろんな事を皆さんが集まって、知恵を絞りあいして、向上出来ればどれだけ素晴らしいか、、と思っています。 増本さんには、お手数掛けて申し訳ないですが、きっかけだけでも作っていただければありがたいです。 どうかよろしくお願いいたします。
 
=================================================
このご意見に全国の小売店のオーナーはどう考えますか?
2009/1/15(Thu)


待ってました!
大阪市中央区のお店から、こんなご相談が・・・

========================
「あるっくじゃぱんさん聞いて下さい。私の知り合いのお店の方々と時々話しをするのですが、お店同志のコミュニティのサイトを作れないかということなんです。
喫茶店でおばちゃん同志(私も含めて)の、雑談ではなく、真剣に互いの悩みを相談出来て、解決してくれる、もしくはそのヒントを頂けるようなコミュニティの場が欲しいということなんです。
既存のメーカーさんに戦いを挑むのではありません。ある意味オブザーバーで一緒に仲間に入ってもらっても構いません。とにかく、遊びではなく真剣にお店の事、メーカーの事、スタッフのこと、人生の事、業界事・・・等など小売店の経営者の立場で話せる場が欲しいのです。
私たちだけで作ると多分仲間内でもめそうで、発展性もなく単なるストレス発散の場になる可能性があります。
そこであるっくじゃぱんさんのような、全国の小売店さんに声を掛けられるような方が呼びかけてくれると嬉しいのですが・・・いかがでしょうか?」
========================
年始から切実なる想いを、当社にぶつけて来られました。

『望むところです!』今年の目標は、メーカー&小売店の双方向の情報交換です。何とか秋までに形を作ってみます。どうぞご参加下さい。そして、大いに盛り上がって下さい。

と、こんな大それたこと言っても良いのかしらん?でも、これを読んで頂いたオーナーの方々の賛同を期待しております。ぜひやってみませんか?
ご意見お待ちしております。(あるっくじゃぱん:増本)
2009/1/14(Wed)


2008年もの申す!
さてさて、年末近いこの時期に、和歌山のT店から、辛口
のご意見を頂きました。今年の業界の総括的ご意見と承りました。
(わかっちゃいるけどやめられない♪では、すまされない問題です)
来年は、これらのことが解決されるようになるのかしらん?いえいえ、
しなければなりません。読みながら感じた次第です。ではどうぞ・・・

===============================================
辛口トークで申し訳ないですが、専門店の皆様は、3年後も
この商売を続けられてると思われてますでしょうか? 
私的意見ですが、ノアの箱舟に乗船できるお店の数(質も含
め、、)は限られています。まさか、うちが?と思われてる方でも、
今のままのスタイルで商売をされていると、確実にキップは手に
入れられません。

原点にかえりみて、何故、お客様がお買い物をされるか、もう
一度見直してみるべきだと思います。 09年、10年で貧富
の差は今以上に開いていきます。(今のアメリカはもっと酷い、、)
服を買える人、買えない人、ハッキリとした線引きが行われよ
うとしています。 

残酷な言い方になりますが資本主義の世界でいる限り仕方
のない事(避けることの出来ない事)なのです。 
いいお客様を如何にファンにして行けるか?その点も今後の
課題になってくると思います。 すさんだ世の中になってくると、
人は人との繋がりを今以上に求めたがって来ます。(表面上
はそう見えなくとも、、)ですから、これからの接客は、単なる
接客と捕らえずに、一歩踏み込んだ所まで入っていくのも、
一つの手ではないでしょうか?(たとえば、話の中で相続の事
が出て来たら、その手の専門の弁護士を2〜3人紹介して
あげるとか、、) 
服だけの引き出しを持つのではなく、ありとあらゆる事を想定
した情報の引き出しを今の内に、持っておくべきではないで
しょうか? 
もちろん、服のセンス、仕入れ等は大切ですが、、、、  

それと、蛇足になるかもしれませんが、メーカーさんが、専門店
からの入金率が悪くなってきた!と、嘆いてますが(そりゃ〜
払うべきものは、払うのが当たり前でしょう。 売り上げが悪い
から払えないって理屈は通りません。)、メーカーも、ちゃんと
工場に払ってあげてます? 

専門店のせいにして、のびのびにしたりしてませんか? 工場
の跡取りがいない理由は、メーカー側のそおいうところにもあ
るのではないでしょうか?  ついでに上場されてる大手の
メーカーさん、、大赤字!配当なし! で、ボーナスが出る。

そんな、会社屋さんごっこをしてる場合ではありませんよ。 
マーケット(市場)を甘く見てると、手痛い目にあうと思います。
(従業員を犠牲にさせてまで、、)死ぬ気で頑張ってください! 

==============================================
いかがでしたか?原文のまま掲載しました(もちろん了解済み)。

このお正月に餅どころか、住むところまで追い出された人達が
大勢いるのです。不景気だからと嘆いていても誰も助けてくれ
ません。自ら知恵と勇気とあと少しのがんばりを出せば、何とか
なります。神様はそんな人に汗を拭くタオルをくれます。

皆様のご意見もお待ちしております。
2008/12/28(Sun)


閉店します・・・
名古屋のお店のオーナーから連絡が入りました。

私もよく知るお店で、しかもあるっくじゃぱんの取材にも応じて頂いた元気なお店なのですが、オーナーのご実家の都合により閉店しなければならないとのこと。詳しいご事情はわかりませんが、でも18年間もの間ご当地で商売されて、それなりの実績もファンも付いていたはず。さびしいと言えばさびしいですが、オーナーの最後の一言に勇気づけられました。

「また復帰するかも知れないから、その時のためにあるっくじゃぱんのサイトを見て勉強しておくわ。だからこのサイトは続けてね…」と。

またどこかでお会いできる日を楽しみにしております。
2008/12/22(Mon)


本音で語りたいのだが・・・
昨日のご提案の翌日、合同展示会の会場に来社された長崎のお店の社長から、前向きなご意見とご提案を頂きました。とても内容が似ているので驚きました。
***********************************************
『あるっくじゃぱんさん、小売店の会員制度を作って、全国の悩めるオーナーの話し合いの場をネットで作ってよ。どこまで本年で言ってもらえるかわからないが、私は紳士的会員ならば、本音で実名挙げて相談しますよ。私も30年の歴史の店だから、これからどうするか本気で悩んでいるのだから。家族にも仕入先にも言えない・聞けない悩みも経営者としてある。それを同じ境遇の小売店の方と話してみたい。そんな場を作ってよ、あるっくじゃぱんの中に…私たちは、商品より情報が欲しいんだよ今は。どうなの?』

***********************************************
この部分は、今の当社でも何とか手をつけられそうです。あとは仕組みとルール作り。
年明けには担当もつけて、小売店WEBサロンを作ってみましょうか…貴重なご意見ありがとうございました。


2008/9/17(Wed)


なんともったいない・・・
和歌山のお店から、お電話いただきました。
**********************************************
「最近チェーン店や専門店の廃業・倒産が相次ぎ、特にミセスの専門店は、厳しい状況だと思います。よそ様の台所事情ですからとやかく言えませんが、それより何より、そのスタッフが仕事にあぶれるのがもったいない。キャリアも顧客も持っている優秀な販売員が、明日から仕事がなくなるのだから、そんな人とコンタクトが取れないものか…。あるっくじゃぱんで販売スタッフの登録や、会員制度はできないんですか…?私たち販売店は、人が全てだから切実なんだけれど、人材派遣はなんだかよくわからないし…。」

**********************************************
と、怒りとも、悲しみともとれる、何とも砂を噛むようなお話でした。
私も同意します。が…、そこまで手が回らないのが実情でして…。
2008/9/16(Tue)


顧客の悩みは・・・
群馬県のブティック様よりメールを頂きました。
以前からかなりブランドをお探しで、当サイトにもご相談を頂いておりました。

この7月6日にも下記のような切実なメールを頂き、これはひょっとして全国の路面専門店も同じ状況ではないかと思い、許可をもらって掲載させて頂きました。

メーカーの方々、どうぞしっかりお読みください。
**************************************************
増本様
今日もお客様と話していて、中高年のおしゃれな服が無いと言う話になり、当店で集めていると、豪語してしまいました。結構お年がいってもおしゃれを、忘れたくないとおっしゃいます。
サイズ感のあるおしゃれな、モノクロ色のベーシックな物のニーズは高いと思います。よろしくお願いします。

**************************************************
全てがそうではない。と言うご意見もおありでしょうが、ミセスの専門店が抱えているお悩みは=顧客の悩みであることを判って欲しいということです。
ファションリーダーであるメーカー各社様、それぞれの強みを活かして、オリジナリティのあるメーカーとしての原点のものづくりしませんか?

ご意見お待ちしています。
2008/7/7(Mon)


ひどい仕打ちに・・・
さて、大阪市内のお店からこんな内容のメールを頂きました。

********************************************************
(前略)世間一般には、夏物セールの時期が早まり、昨年同様今年も百貨店などのセールが6月27日から解禁になるなど、我々小売店は戦々恐々としております。ニュースでそんな話題が流れると、顧客も「そろそろよねえ…」と、品定めが始まり買い控えが始まります。
営業マンとそんな会話をすると「そうですよねえ、業界全体がセール時期を考えないといけませんよねえ」と判ったような返事。
そう言っているメーカーが、早くもサンプルセールやらファミリーセールと謳って大々的に自社でセールをしている状況を、我々店側はどうとれば良いのですか?
しかも、昔と違って段々エスカレートして、回数も増えています。在庫処分と、ボーナス(最近は少ない)資金のためと言うのは判りますが、あまりにもひどい。

さらに耳にしたひどい仕打ちは、そのセールで買い込んだ人が、ネットで新たに売り出しているとか・・・

こういう状況下で、地道に地元で努力しても報われない小売店には、将来を見据えて…と言うフレーズがあまりにも空し過ぎます。メーカー各社ならびに団体の大いなる動きに注目したいです、命ある限り…。(後略)
********************************************************

ブティック経営は、一昔前憧れの商売だったような気がします。
いつのころから興醒めするような、夢のない商売になったのでしょう。何とかしましょう、次の世代につなげるために…
ご意見ください。
2008/6/18(Wed)


Page: [1][2][3][4]



CGI Pal

▲ ページの先頭へ戻る