本文へジャンプ

レディースアパレル活性化委員会推奨…ブティック(婦人服専門店)の紹介サイト あるっくじゃぱん




展示会が面白くない!
神戸のあるお店に伺ったときのこと。そのオーナーは不満ぷんぷんでした。

「増本さんは、色々なメーカーさんの展示会にいってらっしゃるけれど、いまのメーカーの展示会をどう思う?何か感じない?どう?」

矢継ぎ早に質問されて、ちょっと戸惑ったが、オーナーの気持ちはこうだ。

「30年近くもお店をやっているけれど、私は一度たりとも顧客に対して気を抜いたことはないわ。地元の人がほとんどだから、毎日毎日お店の前を通って仕事に行かれているのよ。だから一日たりとも前の日と同じディスプレイを
できないの。わかる?マネキンの指先まで気を使ってディスプレイしないと、ショウルームというステージは完成しないのよ。」
と、だんだん熱を帯びてきた。

「他のお店のことをとやかく言うつもりはないわ、それぞれのオーナーの考え方だから。でもね、自分の仕入れ先の展示会に行って、その展示会で新しいシーズンの商品を提案するのに、ルーティンワークのような、前回と同じディスプレイの仕方で、ただマネキンを着せ替えました。みたいなディスプレイを見ると、本当にがっかりするわ。もちろん昔はそうではなかったのよ。いつからかそうなっていて、それに気が付かずに慣れてしまったことが怖いのよ。わかる?ただ商品を説明すればいいだけじゃダメなんじゃない?」

こちらが黙っていると、深いため息をつきながら、

「でも、無理かもね。メーカーさんも売り上げ(受注)を取るのに必死だから、そんな夢やファッションを語る時間がもったいないのかもね。昔はそれが8割で説明2割で、私たちも楽しかったもの。そう、仕入れに行くのが楽しかったのよ。」

ふむふむ・・・

「今は、私でも、流す展示会と、楽しむ展示会があるわね、しょうがないけれどね。でも、私の目が黒いうちは、自分のお店は顧客から流されない楽しいお店にしたいわ。」

話すだけ話して、うっぷんが少しは晴らせたのか、笑顔でまた店内のディスプレイを変え始めました。本当に楽しそうです。良かったよかった。こんな私でも何かのお役にたてられました。

御社はいかがですか?
ルーティンワークの展示会ですか?
エンジョイワークの展示会ですか?
2015/9/19(Sat)


何が悲しいって・・・閉店のお知らせ
今朝事務所に行くと、一通のFAXが届いていました。
内容を見るとなんとお店の閉店のお知らせです。
http://www.alook-japan.com/fore1.html

しかも震災でも頑張っていたお店の様ですが、
1年たって力尽きたというメッセージが・・・

そして良くみると、このFAXは、直接お店から
ではなく、このお店の取引先でしょうが、その会社
(メーカー)から届いたものです。

メッセージはありませんが、たぶん、当サイトを
見ておられて、お店が閉店したことを伝えたかった
のでしょう。有難うございました。

そしてこちらのお店のオーナーも、スタッフの方々も
お疲れ様でした。
これからも幸多かれと祈るばかりです。

2012/5/2(Wed)


やってられんwa
小売専門店のオーナーから、悲痛な叫びです。
====================
当店のメインの仕入れ先のメーカー担当から、
突然に「同じ市内で、そのブランドの直営店を
出しますが、宜しいでしょうか?」と半年前に
言われました。
たぶんその時にはもう決まっていた事後報告み
たいでしたが、「まあ、うちにはうちの顧客が
付いているし、直営店だからいいかと」了解し
ました。
ところが、その直営店はうちから400mほど
の所にOPENしたのです。
驚きましたけど、関係ないかと思っていました。
それから半年後に、そのメーカーの部長がうち
の店にきて、「うちとの取引は今後できない」
と突然言われました。
突然のことなので、色々問いただすと、どうも
鳴り物入りでOPENした直営店の売上が悪く、
売れないのは同一地域に同じブランドを取り扱
っている店があるからだとなったらしいのです。

そこで会社内で決断したのが、当店との取引中
止だったようです。
次のシーズンとはいえ、もうすでに発注した商
品もあり、当店のお客様にも好評のブランドな
ので、なんともその対応に腹がたっています。
取り引きはもうしたくありませんが、その一方
的なやり方で、これが業界の風習なのかと長年
商売していて驚きと共に悲しくなりました。
その会社との契約書にはそのような取り決めは
なく、事故や過失のみでの取引中止ですから、
なんら当店に落ち度はないはずです。
不払いや不当な要求も一切していないのに、泣
き寝入りだけなのでしょうか?

こういう場合に何か対抗策のようなことが出来
ないものかと思い、連絡してみましたが、いか
がでしょうか?
====================
あってはならない事だと思いますが、過去に
も似たような事例は多々ありました。
直営を出したいメーカーと、取引先である小
売店との共存共栄は可能なのかどうか・・・

この件は、プロにお聞きするべく、当サイト
人気コーナー「アパレル法律相談所」の南弁
護士に聞いてみました。名回答はこちら⇒
http://www.alook-japan.com/minami-law.html
2012/3/1(Sun)


石川県の小売店さまへ
さてさて、先の石川県能登半島のお店のオーナーのご意見に対して、いつもいつもご意見を頂く和歌山のお店のオーナーから、年末のお忙しい中貴重なご意見を頂きました。
下記原文のまま掲載します。

===========================
いつも好き勝手を書かせていただいてます。 

がっ、、皆さん(メーカーも、小売店も、)気付いていないんですよね。
いろんな時間枠で経済を見てないんですよ、目先の売り上げばかりで、、(わかんない事もないですがね)

トンネルを抜けると、線路がなくなってたりして。
ローリスク、ハイリターンは、ありえませんから、その所をよくわかっててください。
で、石川県のオーナーさん、何時でも構いません、壁にぶつかったら連絡ください。

PS、、なんか業界の事を悪く書いてばかりで申し訳ございません。 
でも、ドル/円がここまで円高が進むって予想できました?

では、良いお年をお迎え下さい。

===========================
本当に世の中の仕組みをよく読んでおられるオーナーです。先を読むから次の手を打てる。今の一手はすでに過去読んでいた先手ですから、違う動きも想定内のものなのでしょう。
石川のオーナーはじめ、みなさんもさらなるご意見下さい。

===========================
さあ、新年から私はスタートダッシュかけます。だって止まることは今の私には死を意味しますから。あるっくじゃぱんは、動くじゃぱんです!
2010/12/31(Fri)


もっと感動させてよ!
いつも合同展に来られていた石川県能登半島にあるお店のオーナーから電話で…

=================================================
「ごめんね、増本さん。」
『どうしました?そう言えば11月の合同展ではお見かけしませんでしたが…』
「ちょっと悩んでて、合同展にその答えが見つかるかなあ?って思ったんだけど、タイミングが合わなくていけなかったのよ、ごめんね。」
『いえ、それはいいんですが、何をお悩みで?』
と、聞き始めると延々と話しは続いたので、かいつまんでお伝えします。

=================================================
この店長も独立開業してすでに10年以上経つのですが、その前の販売経験から言うと相当な時代を体験しておられます。
そう、なんでも売れた時代から、高額品しか売れなかったバブルの時代。そして店の別注企画商品というハイリスクまでして提案しなければお客様に納得されない時代まで…
そんな店長が一言
「最近、メーカーさんの展示会に行っても『ああ、これ早く売りたい!』って商品がなくなったのよね。だからお客さんに何を売ればいいのか自分でもわからなくなっちゃった。それが仕入れに行くのに躊躇してしまって、結局商品が並ぶと面白くないお店になっちゃったのよね。」と、自己嫌悪の塊になってしまったようだ。

=================================================
でもこれは、ファッションが好きで好きでたまらないお店の悩みであって、回転率と利益重視のお店にはなんら関係のない話。

=================================================
遡るとメーカーも同じ。OEM花盛りの昨今、SCなどの同じフロアーで、右も左も同じようなデザインのディスプレイが並び、プライスだけがやけに違う。
よおく見ると、プリントや柄が同じだったりする…

=================================================
こんな状態と都心の早いセールで、果たして地方の路面
の生き残る術はあるのでしょうか?

=================================================
この答えをお持ちの方、このお店のオーナーが待ってい
ます。「いつでもお会いしますから教えてください。」
と頼まれました。
2010/12/15(Wed)


我々は、プロ!
またまた、今年も和歌山のブティックオーナーからの辛口コメント
を頂きました。まさに真価を問われる時代。
あちらもこちらもそして私も・・・

頂いたメールそのまま掲載します(もちろん了解済みです)
==================================
皆様、、遅ればせながら本年もよろしくお願いいたします。 
最近、視野が狭くなってきた感じがして、古巣に戻っていました。
ファーズンザシートベルト! テーマはこれでした。実体無き株価
の上昇(金融機関株が弱い中での株価の上昇)、市場にはお金が
ジャブジャブあるのに、末端にまで回って来ていない。
教科書どおりでは、緩やかなインフレになっていくのですが、、
世界中がこの問題に振り回されています。振り切った振り子は必ず、
元の位置に戻ってくる(しかも、オーバーシュートして)
2010、11年は激震の年かもしれません。
本当のプロとしての腕が試されようとしています。頑張りましょう!

================================= 
今年も辛口宜しくおねがいします。
2010/1/28(Thu)


ショウルームは全面禁煙にすべき!
姫路のお店のオーナーからこんなご意見が…

================================================
「最近は少なくなりましたが、展示会に廻るとショウルームのテーブルで堂々と喫煙するお店の人がいます。しかも広い会場ならまだしも、狭い会場の真ん中で偉そう(?)に吸っている男性経営者が居て、その煙とにおいが、私の仕入れの判断を鈍らせると言っても過言ではありません。」(略)
「これはもちろんそのメーカーのマナーに対する姿勢の現れです。こういう会社の社長は煙草を吸う方なんでしょうか?社員は吸っていませんが、担当のお客様には喫煙を許しています。でも担当以外の廻りのお客様が迷惑しているのには気が付いていません。
サンプルに匂いもつくはずなのに…特に関西メーカーのショウルームで多いんですこの光景。何とかなりませんか!」

================================================
ついに来ました。

ショウルーム全面禁煙のお声が…いつか来るであろうと予想はしていましたが…。
喫煙者が減ったとはいえ、まだまだ喫煙に対するマナーは低いです。会場に入った瞬間の匂いと空気は、実は社内にいるとわからないもの。
展示会場を社内と考えるか、公の場と考えるか。
後々それが原因で来場者が減ることもあるのだと考えると、一考の余地はあります。いかがですか御社は?
2009/10/25(Sun)


みんなどう思う?
今朝(10月7日)ほど、県別ページのお店が、すでになくなっていることをお知らせ頂いた営業の方からのメールに対して、私とのやりとりを、原文のまま掲載させて頂きます。この件はこのKさんにも了解を頂きました。
このコーナーは専門店オーナーの悩み相談のコーナーですが、緊急投稿に皆さんの素直なご意見をお待ちしています。
たぶん、業界関係者のどなたもが感じていることではないでしょうか。長いやりとりですが、宜しければご一読下さい。最後にまた…


====【K氏】===========================================
いつもあるっくじゃぱんさんを楽しく拝見しております。
私は某婦人服メーカーに勤務している営業です。
前々から店舗一覧を拝見したのですが一部の店舗で廃業ないし自己破産し倒産した所などありましたので削除された方がよろしいのではないかと思いメール致しました。下記の通りです。(後略)


====【増本】===========================================
おはようございます。またいつもご覧頂いてありがとうございます。さらに貴重な倒産情報まで頂き感謝に堪えません。しかも携帯から頂けるなんて、入力も大変でしたでしょうに。店舗更新は気をつけてはいるのですが、なにせ廃業・倒産のスピードが思いのほか早く、追いついていないのが現状です。(言い訳です)
本当に貴重な情報を有難うございました。今から更新します。

また何かお気づきの点は何なりとお聞かせ下さい。


====【K氏】===========================================
こちらこそ御返事頂き光栄です。
気づいた点は、婦人服の専門店は現状、 顧客の買い控え、ニーズの多様化等で来店が減少し壊滅の危機に直面している先が多いです。オーナー等は資金に余裕が無く大半は自己資金投入しメーカーに支払いをしていたり自転車操業で何とか捻出している所ではないかと思います。
あるっくじゃぱんさんはメーカーのリンクはされているのですが色々と営業で回りますとお店でホームページないしブログを展開している所が多いので専門店のリンクをしてみてはいかがでしょうか?
専門店自体が衰退している中、他店から何かヒントを得たり品揃えを変えるきっかけにもなると思います。
何卒御検討の程、宜しくお願い申し上げます。L社・K


====【増本】===========================================
Kさんが言われるように本当にこれからこの業界は一体どうなるのでしょうか・・・
店側もメーカーも、自分だけが良ければと言った昔の体質では生き残れないのですけど。ぜひ頑張ってもらわないと共倒れになります。
お店のHPもどんどんリンクさせて頂きますから、ご紹介下さい。ただし、このサイトは、一般消費者が見るわけではないので、そこがお店から「リンクしてどうなるの?」と懸念される要因です。

お店の取材は、本当に99%営業マンからのご紹介です。「元気やから取材してやって・・・」と。
有難いことです。

ではまた何かあればお聞かせ下さい。有難うございました。


====【K氏】===========================================
あるっくじゃぱん 増本様
ご丁寧に有難うございます。
確かにメーカーは半年前や一年前に展示会を開き小売店を呼び込み受注してもらうという形は小売店側から見ればどういう物が流行なのかとかはある程度は把握出来るのですが実際納品されてイメージと異なっていたとかの理由でがっかりした先も多いのが現状です。
時期を引きつけて現物対応型で仕入れた方が良いと考える先も多いのも事実です。
但しメーカー側は受注額によって生産する所が殆どですので一概には言えませんが小売店側から色々とご意見が多かったのはどこのメーカーも昔に比べ流行を追いすぎの商品が多く類似したデザインが出回っていて個性がなく面白みがなくなったと意見が多いです。
特にあるメーカーでヒットした売れ筋をコピーしてそのシーズンに打ち出してくる所や次のシーズンにコピーして打ち出してくる所もあり近年そういうコピーメーカーが非常に横行しています。
よって自分の所が売れればコピーだろうが何でも良いという発想の所はこの先は無いでしょう。
なぜならこの不況下で全体的にプロパー消化率が20〜30%という状況で売れ筋商品を探すということは至難の業でもあり 物作りも無難な線でしか打ち出せなければ当然小売店も死活問題ですから仕入れは減りやがて取引は中止になるのは目に見えています。
商品力があってこそ成り立つわけですから...
では、小売店側はどのような考えの方が多いかと言えばなるべく在庫負担になりたくない為にメーカーに依存している先も多いです。
『売れ残ったら返品しても良い?』
『イベントあるから売れた分値引してくれる?』
『今月仕入れが沢山あって請求の半分以下になるかもしれないけど良い?』などおんぶにだっこの所も非常に多いです。確かに商慣習があいまいで口約束で成り立つのはアパレル業界だけですよね。
厳しい時代だからこそ原点に戻りコツコツ積み上げていく逆にチャンスでもお互いにあるのに馴れ合いに終始していている状況ではないでしょうか?
このような事が続く様では3年後、5年後になった時に堅実に生き残っている所はどれくらいあるのでしょうか?
メーカー側も小売店が繁栄してもらわなければ潤わないのですから。自分の所がシェア取れて少し売れたからって喜んでいる人も中にはいますが果たして小売店の為なんでしょうか?
間違いなく小売店も追い込んでいるということも再認識してもらいたいです。
売上ノルマもあるかもしれませんが本来の目的は委託条件で融通を効かせるのが 目的ではなく良い物を買取条件で期日に回収して商売するのが普通ですから。
売上は上がるが回収が伴わなければ経費のみ先行していきやがて会社は無くなってしまうことだと思います。
メーカーの方や小売店の方に言いたいです。自分の都合で考えないで相手があっての商売だということを再認識して頂きたいです。
長々書いてしまいましたが現状、思っている事を書きました。
L社・K


=======================================================
=======================================================
本当にこれからどうなるのでしょうか・・・いえいえ、他人事ではありません。貴方も私も、明日は我が身です。どうすれば貴方が勧めた展示会商品が、店頭で売れて、お店の顧客が喜んでくれるのでしょうか?
そのことを昔以上に一緒に考えなければなりません。
「売ってやった。」「買ってやった。」
・・・なんてエゴな考え方でしょう。そこに主役のお客様は存在しませんね。


皆様のご意見お待ちしています。
2009/10/7(Wed)


いつもありがとうございます
岩手県一関市のお店のオーナーからメールを
頂きました。うれしくなって掲載させて頂き
ました。

******************************************
いつも、展示会の紹介のページを
たのしく見させていただいています。
スペースが限られていますが、限られた中で、
生の写真と生の文章が
展示会の雰囲気として伝わってくるので
それが、見てて、楽しいし参考になります。

日本各地の専門店の紹介も好きです。
店構えを見ているだけで、
いろいろな刺激を受けるのでたのしい。

皆様も体調には気をつけて
たのしいサイトづくりを
よろしくおねがいします。

******************************************
そう言えば、いつかやりたいなあと思っていた
ディズプレイ特集をメーカー展示会編とお店編
で新企画をやってみようかしらんとメラメラ燃
えてきました。
たぶん慌てるのは当社スタッフでしょうが…
2009/7/31(Fri)


イエローカード累積2枚は?
さてさて、いつもの和歌山のお店のオーナーから投稿がありました。このオーナーは、もともとアパレルとは違うところから参入されてきたので、経済の仕組みを良くご存じで、今のアパレル業界の甘さと弱さを良くメールで教えてくれます。
今回も、とある大手企業の事件から、「苦言提言」をしたいとの貴重なご意見です。(編集なし)
しっかり耳ではなく心で聴いてみましょう、各企業の方々…

================================================
今日も、1機(1社)飛び立ちましたね。
滑走路に並んでいたのは2年前からでしたが、商社が付いててくれてるからと、社員は危機感も抱いていない様子でした。(幸せですなー)

で、話は変わりますが、先日、あるメーカーに、展示会発注品以外の商品をお客様に見ていただきたいので(フェアを組むから)、広告も出すし、借りてる商品が売れた場合は、通常の掛け率より5%高くしてもらってもいいから(もちろん、キャッシュオンデリバリー)と提案したのですが、帰ってきた答えは、専門店用の商品は展示会発注分しか作っていない!とのこと。それはしかたがないと諦めてたのですが、百貨店用の分は結構作りこんであるとの事。では、それを、そちらの都合のいい条件でいいから、貸して貰えないか?と、言うと、部署が違うので出来ないとの回答。

百貨店の現場では、そのブランドの商品は溢れかえってるし(売り場の方に聞くと、売れていないとのこと)2008AWの残骸も一杯!(バーゲン品が一杯)
キャリー品は、催し会場でびっくりする様な価格で売られてる。 私が間違ってるのでしょうか? 

各社、いろんな事情があるとは思いますが、、。 
百貨店での損失を専門店でカバーする(そのメーカーの社員が言ってました)。そんなもんなんでしょうか?

投資してる側から言わせてもらうと、こんなメーカー(上場企業)は、本日のK社のように早く退場してもらいたいものです。 

PS、、メーカーさんへ一言!
商社って、ハゲタカより凄いんですよ。銀行が金を貸してくれないからって、商社に頼ったりすると、空の棺おけを用意してくれます。葬式もしてくれませんから、、(使える臓器だけは、格安で持っていかれますけど、、) 

匿名でも実名でも、どっちでもいいです
===============================================
まあそうは言っても、月夜の晩ばかりではないので、一応まだ実名は伏せておきましょう。

ご意見ある方は当サイトまでメール下さい。
2009/2/22(Sun)


Page: [1][2][3][4]



CGI Pal

▲ ページの先頭へ戻る