本文へジャンプ

レディースアパレル活性化委員会推奨…ブティック(婦人服専門店)の紹介サイト あるっくじゃぱん




黙とう〜!
「もしもし〜、大丈夫ですかぁ〜?、聞こえますかぁ〜。」
駅前で老人が倒れて駅員が介抱している。どうも熱中症で倒れたらしい。保冷剤で冷やしているが、反応はいまひとつ。そこに救急車のサイレンの音…。
***************************************************************
今日は長崎に原爆が落とされた日。3日前には広島に落とされて、日本人が忘れてはならない日が続く。でも、戦後70年となり、体験者がどんどん減り、伝道者も減り、そのことに興味がない若者が増え、ゲームで戦争や殺人や殺戮に興じている若者もいる。そんな世の中に、今の政府は戦争に対してさらに免疫を作ろうとしているようにしか見えない。
あの日、今日のような暑さの中、一瞬にして想像を超える熱風に焼かれ、それが原爆という恐ろしい兵器だということも知らずに被爆した犠牲者たち。誰も助けることができない状況で、どんな地獄絵図がそこにあったかは本当に想像できない。だからこそ体験者の遠のく記憶を残さなければ、戦争の犠牲者に申し訳ないと思う。今日ぐらいは空を見上げて考えます。「70年間、戦争をしない国にしてくれて有難う」と。
***************************************************************
救急隊員が駆け寄り、手慣れた応急処置と対応で担架に乗せてその老人を運んでいく。ものの5分足らずのことだった。
そんな場面を横目で見ながら、周りの人は足早にみな通り過ぎている。今では日常茶飯事のことだから、自分には関係ない出来事だし、気にはなるけどどうにもできないし…と言うのが本音だと思う。でも、自分が当事者にならないように気をつけなくちゃと思うことはできるはず。人に迷惑をかけないように、とも。


※と言う事で、次回は「当事者…」についてお話しします
2015/8/9(Sun)


意識の片隅で…
会社の窓の外から子供連れのお父さんが、子供たちと大きな声で歌いながら歩くのが聞こえた。それを聞きながらこちらも思わず口ずさんでいた。「歩こぉ、歩こぉ、わたしはぁ、元気ぃ〜。歩くのぉ、大好きぃ、、、♪」
口ずさみながら、はるか昔、夏休みに子供たちと手をつないでキャンプで歩いた記憶が蘇った。
***************************************************************
子「じゃあ、魔女の宅急便の歌うたってみてぇ」
父親「ふうふふふ・・・♪♪」
子「えっ、それじゃないよぉ、これだよぉ、んんんん・・♪」
聞いてる私「あれ?俺、お父さんと一緒だけど・・・?」

ユーミンの「ルージュの伝言」だと思ったら、多くの人は「やさしさに包まれたなら」の方を一番に思い出すらしい。
実は、「ルージュの伝言」が映画のオープニング曲で、「やさしさに包まれたなら」がエンディングの曲だそうだ。だから人の記憶には、感動した映画のエンディングの方が、代表曲として一番に残るみたいだ。私のように、遠い昔に数回見た程度では、残像は曖昧で、歌詞も遠のくばかりだ。
***************************************************************
どうにもこうにも、エアコンが壊れた猛暑の仕事部屋で、窓を解放し、扇風機3台をフル回転させていたが、だんだん意識が遠のくその時に、元気な子供たちの歌声が,遠くからこちらの意識を呼び戻してくれたのだ。
「さあ、おじさんも暑さに負けずに元気に頑張るよぉ」と、もうろうとしながら熱いキーボードに手を置く。←イマココ


※と言う事で、次回は「遠のく…」についてお話しします
2015/8/2(Sun)


ドラマチックな・・・
久しぶりに親族の結婚式&披露宴があり、参列しました。
今どきの若者たちの結婚式です。でも主役は彼ら二人で、これからの人生というドラマの主人公です。
私たちは脇役で、彼らの父や母は名脇役です。そんな中…
***************************************************************
■讃美歌 312番■
いつくしみ深き友なるイエスは
罪とが憂いを取り去りたもう
心の嘆きをつつまず述べて
などかは下さぬ、負える重荷を

いつくしみ深き友なるイエスは
変わらぬ愛もて導きたもう
世の友われらを捨て去る時も
祈りに応えて労りたまわん アーメン

【意味】
やさしい本当の友達のようなイエスは、
罪、心の迷い、心配事や
心の悩みを述べることに
負えない重荷をおろしてくださいます。

本当にやさしい友達のようなイエスは
いつも変わらない愛を持って、私たちを導いてくれます。
この世で友達が私達を捨てても、イエス様にお願いすることによって、
その祈りに応じてくださります。
***************************************************************
久しぶりに口ずさみました。クリスチャンではないので、人生の中で果たして何度口ずさむかわかりませんが、心静かになるのは神様のお蔭でしょうか?新しい主役たちのお蔭でしょうか。


※と言う事で、次回は「口ずさむ…」についてお話しします
2015/7/20(Mon)


人生は、泣くか、笑うか、それとも…
映画館に2人で映画を見るときに、何を基準に選びますか?
見たい映画が合えば別ですが、見たいジャンルが違うのに、見たら、「泣いた、笑った、また泣いた、見て良かった」と言われるのは、誘った方としてはとても嬉しいもの。
***************************************************************
野球をやったことがある人は、知っていることだが、自らが負けることでチームが優位に立つ方法が一つだけある。これはほかのスポーツにはない野球だけの戦法。
そう、犠牲バントだ。自らが犠牲(アウト)になって、塁にいるチームランナーを一つ前に進める方法である。しかも確実(絶対)に自分が犠牲にならなければならないのだ。
そんな精神がドラマの根底に流れている映画が、重松清原作で、中井貴一主演の「アゲイン 28年目の甲子園」である。
「負ける時にはちゃんと負けろ。負けて次に進め。」この言葉が、大事なキーワードとなっている。
映画館で見て大泣きし、DVD発売と同時に購入してまた見て泣いた。たぶんこれから何回見ても泣くことだろう。残りわずかな我が人生。その時、その時の、置かれた状況の時に見てしまうと、「負けて次に進め」が身に詰まる。
***************************************************************
主人公の友人が子供の前で笑う場面からこのドラマは始まる。
「心から笑う父親を見たのは初めてだった。」と、その後に娘が主人公に語る場面がまた切ない。
そう言えば、娘の前で、涙が出るほど大笑いしたのは一体いつだったろう?と、思い出そうにも思い出せない。
泣いたことはあるのに・・・。


※と言う事で、次回は「主人公…」についてお話しします
2015/7/12(Sun)


あはははははは・・・\(^o^)/
いま二代目(時に三代目)たちが、新たな壁を乗り越えようとしている。先代に代わって守らなければならないことと、破らなければならないこと。この狭間に立って苦悩し、もがき、天を仰いで、それでも戦わなければならない相手は一体誰なのだ。
***************************************************************
「やってみせ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ」「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず」
「やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず」
「苦しいこともあるだろう 言い度いこともあるだろう
 不満なこともあるだろう 腹の立つこともあるだろう 
泣き度いこともあるだろう これらをじっとこらえてゆくのが 男の修行である」の「男の修行」は経営者や指導者のための格言になっている。
=引用元:wikipedia山本五十六
この男の修行の「…こともあるだろう」の部分、どこかで聴いたことはないだろうか? すぐに思いついた人は相当に昭和の人である・・・そう、あのフレーズだ♪
***************************************************************
♪丸い地球の水平線に 何かがきっと待っているぅぅ
♪苦しいこともあるだろさ 悲しいこともあるだろさ
♪だけどぼくらはくじけない 泣くのはいやだ笑っちゃおう
♪進めぇぇ!
♪ひょっこりひょうたん島 ひょっこりひょうたん島
♪ひょっこりひょうたんじ〜〜ま〜〜♪」 
      (作詞:井上ひさし 作曲:宇野誠一郎)
・・・戦う相手は他ならぬ自分である。もう笑うしかない。(*^。^*)


※と言う事で、次回は「笑う… 」についてお話しします
2015/7/5(Sun)


なかなかわからんわなあ…
「朝ご飯ちゃんと食べてる?ああ、それと野菜もちゃんと取らなアカンよ。それと、、、」
『わかった、わかった、もうわかったから…』
「ああ、いまそのあと、うるさいあなって、言おうとしたでしょ。もう、うるさく言われてるうちが有難いと感謝しなさあい。」久しぶりに戻った息子と母親のいつものヤリトリ。
***************************************************************
■ささえる人の歌■ 
歌:back number 作詞作曲:清水依与吏
 ♪元気で毎日暮らしてますか
 ♪朝は起きられているのでしょうか
 ♪野菜もきちんと食べていますか
 ♪つらい想いはしてませんか

 ♪頑張ってって言いながら
 ♪あまり無理しないでねって思っています
 ♪心配になる事も寂しくなる事もあるけど
 ♪元気でいてくれたら・・・ (後略)

こんな歌があったんですね。子供が作った親目線の歌詞が、ぜか不思議と心に響きます。誰もが一度は言われたことで、親になって子供が離れているときに一度は言う言葉。それらを綴って歌にするとこんな感じになるのかと思いました。
***************************************************************
「親思ふ心にまさる親心 今日のおとづれ何と聞くらん」
あの吉田松陰が、29歳で処刑されるときに読んだ辞世の句で、親より先にこの世を去ることを知った親は、どんな思いで聞くだろうか…と言う意味の句である。
お互いの立場を代わってみれば、見えるものがあったんだ。


※と言う事で、次回は「代わって…」についてお話しします
2015/6/21(Sun)


裏の裏は表…?
「我々は、黒子に徹していますから、表舞台には出られないのです。後方支援部隊だという認識で社員全員動いています。」
「よくわかりました。ではそのような形で今後も宜しくお願いします。」
先日、とあるIT関連の上場企業を訪問したときの会話…
***************************************************************
■火は粗末にするな ■朝はきげんよくしろ
■人には腹を立てるな ■風吹きには遠出するな
■恩は遠くから返せ ■年寄りはいたわれ
■人には馬鹿にされてろ ■初心は忘れるな
・・・・・・ほか37言

よく居酒屋の男子トイレで見かける「親父の小言」は、実は江戸時代からあったそうだ。数百年超えても、がんこ親父の言葉の思いは同じなんだと思ってしまう。
それらすべてにいちいちうんうんとうなずいてしまうが、なかでも■貧乏は苦にするな、や■泣きごとは言うな、■家内は笑うて暮らせ、に加えて■子のいうこと八九きくな、には大いに納得してしまった。
親父の威厳をたもていうことでもあろうが、その最後に『さればとて墓に着物は着せられず』と締めくくられるとつい涙がでてしまう。そう、「親孝行は生きているうちにしろ」と言うことなのだ。
***************************************************************
明るいスポットライトの表舞台には、必ず照明半分以下の裏舞台があり、そこには存在すら目立たない人たちが大勢いて、でも彼らはそこに生活をかけているプロなのだ。
合同展の準備の時も、そのプロたちの手さばき、足さばき、人さばき、時間さばきのすごさにいつも驚く。決して表舞台には出ない人たち…。
でも家に帰ればその人を支える裏舞台のひとがいるのも事実。裏の裏だからとても辛いはずなのに、なぜかいつも笑顔だ。


※と言う事で、次回は「支える…」についてお話しします
2015/6/14(Sun)


考えることは皆同じ?
「有難うございましたあ!お釣りは224円ですぅ。」
と言って、彼女は自分の右の手のひらにある小銭を私に見せると、それを受け取ろうと差し出した私の左の手のひらを、彼女は下から動かないように自分の左手で私の手を支えたあと、右手にあった小銭を滑り落としてきた。一瞬の出来事だったが、その左手の柔らかな感触と温もりに、いい歳したこのおっさんは、なぜかドギマギしてしまった…
***************************************************************
♪どうして僕だけがこんなに辛いのかといつも思ってた
♪周りの人ばかり幸せそうに見えた
♪だけど君と話したら少しだけど気が楽になった
♪似たようなことを打ち明けてくれたからかな
 ♪♪顔の見えない現実がときに怪物のように
 ♪♪僕らの志を潰そうと押し寄せてくるけれど
♪出会えて良かったと心から言える人が少しずつ増えてく
♪その温もりを噛み締めながら
♪支え合ったり卑屈をぶつけ合ったり独りじゃ辿り着けない場所に
♪僕らは今きっと赴いている途中
■作詞作曲歌・高橋優「現実という名の怪物と戦う者たち」より
ただ寄り添い手を添えてくれる人がいるだけで、本当にその怪物に立ち向かっていけそうな気がするのは私だけ?
***************************************************************
すぐ後ろに並んだおばさんに、自分の顔が赤くなったのがバレていないかと何気なく上目づかいで振り向くと、何のことはないそのレジの彼女は、誰にもその手をとってお釣りを渡していたのである。そしてさらによく見ると、その後方には、なぜかおじさんばかりが並んでいた。しかもみな千円札を握っている。


※と言う事で、次回は「後方…」についてお話しします
2015/6/7(Sun)


コミットできる?
「やっぱこの歳のメンバーが揃うと、話題はこうなるよな。」
「そうそう、若い頃は飲む打つ買うみたいな、活きのいい話しで盛り上がってたけどな。」
「今じゃ、栄養ドリンク飲む、点滴打つ、サプリ買うみたいな健康話しが酒の席で盛り上がってるもんなあ、しかも…」
***************************************************************
Q:お酒は飲んでいいの?
A:飲んで頂いて大丈夫です!ただし炭水化物(糖質)を多く含むビールやワイン、日本酒などの醸造酒は控えて頂きます。そのかわり焼酎、ウイスキーなどの蒸留酒をおすすめしております。また、アルコール自体は、1gが7kcalなのでカロリーの摂取量を考慮して飲んで頂くようにはなります。アルコールのカロリーは、血行の促進や体熱の上昇などに消費されて完全に燃焼し、身体の組織にはならないと言われています。しかし、食欲が増幅され、適量を守りきれずに暴飲・暴食を繰り返してカロリーオーバーとなってしまうパターンが多いのが現状なので、適量の摂取にしておきましょう。(=RIZAP公式HPより)
赤井秀和さんのCMでいきなり有名になったこの会社ですが、兎に角「結果はこうなる!だから今はこれをする!」と言う明確な指導法で、事業を拡大しています。会社の方針もそうなんでしょうか、「簡単で判り易く」が根底にあるようですね。そういえば、会社名が「健康CP」ですもんね。
***************************************************************
「ようやく子離れしたかと思うと、親の介護が現実味を帯びてきたもんな。」
「お前んとこもか…」「お前もか?」
「大変やろ?」「大変やな。」
「先が見えんな。」「…やな、こればっかりは。」


※と言う事で、次回は「現実…」についてお話しします
2015/5/31(Sun)


生きてればこそ…
先日の事。テレビを何気なく見ていたら、関西では一人の仕事も多い「オール阪神巨人」が揃って出てきた。二人が漫才をする姿を見るのは久しぶりな気がする。しかも今年はデビューから40周年だと紹介されていた。そう言えば高校の時から見ていた芸人さんが、もう40年にもなるのだ。
***************************************************************
振り返ればおいらの人生、「山」あり「谷」ありだったけど、その両方があったからこそ今があるんだよ。もしこれまでずーっと「山」だけの突っ走った人生だったとしたら、今頃は生きていないと思う。とっくにどこかでくたばっていたはずだ。やっぱり適度に『間』があったからよかったんじゃないかな。結果論だけど。その『間』によって思わぬ転機が生まれて、次々と新しいことにチャレンジできたわけだがら。人生というのは本当に何が起こるかわからない。
=ビートたけし著「間抜けの構造」より
私も自分の人生を振り返った時に、「あそこで」というターニングポイントがいくつかある。それが今の自分(生活)を形成しているから、その時のジャッジを絶対に後悔してはいけないと、いつも自分に言い聞かせている。
***************************************************************
オール阪神巨人でさえコンビの危機はあったらしいのだが、40年もの間、一芸を続けられたことには本当に敬服する。
そう言えば、最近アパレル企業でも、40周年・60周年…という発表も増えている。とにかく紆余曲折あったとしても、まずは続けることが大事だなとつくづく思う。
そのためにはまず健康でなければならない。コンビも企業もカップルも。


※と言う事で、次回は「健康…」についてお話しします
2015/5/24(Sun)


Page: [1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][21][22][23][24][25][26][27][28][29][30][31][32][33][34][35][36][37][38][39][40][41][42][43][44][45][46][47][48][49][50][51][52][53][54][55][56][57][58][59]



CGI Pal

▲ ページの先頭へ戻る